悩みを解決しよう|快適な生活を送るために尿漏れパンツの種類を確認しておこう

快適な生活を送るために尿漏れパンツの種類を確認しておこう

悩みを解決しよう

婦人

女性のデリケートゾーンに関するコンプレックスの中で多い、小陰唇肥大を解決するためには美容外科や専門の病院で手術を受けてください。その前に、本当に手術を受けるべきなのか自分で確認をとっておきましょう。毎日の生活の中で、下着に小陰唇が擦れて痛い場合や、性器に垢が溜まりやすい方は、専門の病院や美容外科で一度相談をしてみてください。手術をしなくても、生活の中で気をつけることを確認するだけで解決する場合もあります。小陰唇肥大になると、様々な支障があります。例えば、おりものが増えたり、垢が溜まりやすいために細菌が繁殖して臭いがきつくなったりします。また、悪化すると性病などの病気になる場合があるので、気にしている方はすぐにでも病院や美容外科で手術を受けたほうがよいです。手術は120分程度で完了することができるので、長い間入院する必要はありません。小陰唇肥大の手術が完了して、体に異常がなければそのまま退院することができるので安心してください。しかし、手術後はお風呂に入るのはできるだけやめてください。なぜかというと、傷口がまだ完全に塞がった状態ではないので、細菌が入ってしまうと感染症を起こしてしまう可能性があるからです。小陰唇肥大の手術で使う糸は、体のなかで溶けるものを使用するので、病院で抜糸をする必要はありません。しかし、抜糸して欲しい方は事前に医師に相談しておいてください。そうすることで、安心して手術を受けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加